WEB動画の活用法

Adobe Premiereで動画編集(3)映像をつないでみよう

こんにちは。
Quick Moviesで編集を担当しています、Yukoです。

 

前回は、読み込んだ素材をそのままタイムラインへ持っていくだけでシーケンスが誕生するというお話をしましたが、

今回は、シーケンスを先に作る方法もお伝えしますね。

 

シーケンスを先に作る方法

プロジェクトパネルの右下に、白い紙がペロンとめくれたようなファイルアイコンがあります。

これをクリックすると、作成したい項目が出てきますので、「シーケンス」を選択します。

 

 

すると、「どんな形式にしますかー? いろいろ揃ってますよ!」と言わんばかりの

ウィンドウが立ち上がります。

一般的によく使われる設定は、DV-NTSCのワイドスクリーン48kHzや標準48kHzなどで、

用途に応じて画質やサイズを変えることができます。

 

【ワイドスクリーン】

ワイドスクリーンの設定 16:9 これがテレビの一般的なサイズ

 

【標準】

標準48kHzの設定 4:3 これは昔のテレビサイズですね。

現在では16:9が主流ですが、 DVDで流す場合などは4:3のサイズが求められる場合もあります。

 

では、DV-NTSCのワイドスクリーン48kHzで作ってみましょう。

プロジェクトパネルに「シーケンス01」ができました。

 

 

動画の再生・停止について

ここに、読み込んだ素材を「カット編集」でつないでみましょう。

読み込んだ素材をダブルクリックすると、ソースパネルに映像が出てきます。

(上の画面はすでに映像が出ている状態です。)

 

 

このソース画面の下に三角の再生ボタンがありますね。

これを押すと映像が再生され、もう一度押すと一時停止します。

 

再生の方法はいろいろあって、パネルの再生ボタンを押す以外にも、

キーボードの「スペース」バーがこの再生ボタンと同じ働きをします。

一度叩けば再生、もう一度叩けば停止となります。

 

そして、映像編集者なら誰もが知っている、「JKL」キーを使う方法もあります。

プレミア以外の編集ソフトにも共通するキーなので、編集者の三本指は常にJKLの上にあるんですよ(笑)。

 

  • J=逆再生
  • K=停止
  • L=再生

 

しかも! JとKは2回押すと2倍速、3回押すと3倍速と再生速度を変化させることができます!

長い素材を見るときなんかは、この倍速がとても役立ちますので、覚えておくと便利ですよ。

 

イン点とアウト点で使いたい動画を抜きだそう

それでは、映像の使いたい部分を決めて抜き出しましょう。

抜き出す映像の最初の位置を「イン点」終わりの部分を「アウト点」と言います。

映像を編集するときは、このイン点とアウト点を決めて映像を抜き出していきます。

ソースパネルの下に「{ }」というカッコのようなボタンを押す方法と、

キーボードの「I」 と「O」を押す方法がありますが、INのI、OUTのOと覚えるとわかりやすいと思います。

 

インアウトを決めると、使いたい部分の色が変わります。

 

 

インアウトの部分をシーケンスに持って行くときは、ソースパネルの「挿入」または「上書き」ボタンを押します。

この2つの違いについてはまた追って説明しますね。

挿入ボタンを1回押すと、シーケンスの上に映像が乗ります。

 

シーケンス上に青いバーが出てきました。

これが、映像の「1カット目」になります。

このカットをどんどんつないでいくことを「カット編集」と言い、映像編集の基本となります。

 

どんどん映像をつないでみよう

それでは、違う素材を読み込みます。(読み込み方法は前回お伝えしましたね。)

お花の映像を読み込みました。

これにインアウトを打って、使いたい部分を決めます。

(通常、インとアウトは「打つ」と表現することが多いです)

 

そして、シーケンス上の青いバーの一番最後にカーソルがあることを確認して、

次の映像を挿入します。

 

すると、シーケンス上に青いバーが二つ並びました。

同様にインアウトを打ち、シーケンスに挿入する・・・この作業を続けると、

ストーリーのある映像が出来上がっていくわけですね。

【インアウトを打つ】

【挿入する】

 

まずは、素材を読み込む→インアウトを打つ→挿入するの操作で映像をつないでみてください。

このカット編集ができれば、動画編集は8割できているも同然です(笑)。

 

次回は「挿入」と「上書き」の違いについてお届けしたいと思います。

 

Adobe Premiereで動画編集(2)プレミアの基本操作

こんにちは。
Quick Moviesで編集を担当しています、Yukoです。

動画編集は、基本的な操作を覚えれば、あとは組み合わせで自由な表現ができます。
特にPremiereはインターフェイスもシンプルなので、まずは直感的に触りながら
操作を覚えていくといいですよ。

 

Premiereを起動してみましょう

それでは、さっそくPremiereを起動してみましょう。
起動画面の「新規プロジェクトを作成」ボタンを押すと、プロジェクトの設定画面が
出てきます。
最初は特に変更する必要はありませんが、「プロジェクトの保存先」は決めておきましょう。
後でプロジェクトが迷子になってしまうと困りますからね!

 

Premiereのインターフェイスについて

プロジェクト画面が開きました。

何もないですね(笑)

Premiereは目的に合わせてワークスペースが分かれています。

主に使うのは編集のワークスペースです。
音の調整を行いたい場合は「オーディオ」、画面転換などのエフェクトをかけたい場合は「エフェクト」、

テロップなどを入れたい場合は「グラフィック」のワークスペースに移動すると、
それぞれの目的に応じて使いやすい画面構成になっています。

 

動画素材を読み込んでみましょう

それでは、編集ワークスペースに戻りましょう。
ワークスペースには、プロジェクトやタイムラインなどそれぞれの「パネル」があります。
なにはともあれ、動画編集には動画が必要です。動画素材(以下「素材」)をプロジェクトパネルに読み込みましょう。

プロジェクトタブの上でダブルクリック、またはMacなら「コマンド+I」のショートカットで読み込みウィンドウが開きます。
また、フォルダから直接ドラッグ&ドロップで素材を読み込むこともできますよ。

プロジェクトタブに素材が読み込まれました。
素材の編集は「シーケンス」で行います。
まずは、素材を選択してそのままタイムラインのスペースへドラッグ&ドロップしてみましょう。

すると、シーケンスが作成されました。

プロジェクトパネルに同じ絵のサムネイルが2つ並んでいますが、

左側は元の読み込んだ素材、右側は作成したシーケンスの一番最初の映像になっています。

右上の画面にも映像が出てきました。これもシーケンスの一番最初の映像ですね。

タイムライン上に現れた青いバーの上が映像(v)、下が音声(A)になります。

映像や音声の数が増えるごとにv1、v2…A1、A2…と積み上がっていきます。

タイムライン上のカーソルを動かすと、右上の画面の映像も変化していきます。

右上の画面は「シーケンス上でカーソルがある場所」の映像が表示されます。

 

また、シーケンス上の青いバーをダブルクリックしたり、元の素材をダブルクリックすると、

画面左上に元の素材の映像が表示されます。

 

動画の種類はさまざま

ところで、動画素材の形式にはたくさんの種類があります。

mpg、mov、avi、MXF、MTS……撮影する機材によって動画の保存形式も異なります。

できれば統一してもらいたいですが、それを待っていては動画編集が進みません!

素材の形式がバラバラでも、ひとつの形式で全部編集可能なのがPremiereのいいところでもあります。

 

また、編集した動画の用途によってもシーケンスの形式は変わってきます。

たとえば、Youtubeにアップしたい、DVDに焼いてテレビで観たいなど、目的もさまざま。

動画編集に慣れてきたところで、シーケンスの細かい設定について触れることにして、

この基礎編は、「読み込んだ元素材と同じ形式のシーケンスで編集する」ことを前提として

進めていきたいと思います。

 

次回は基本のカット編集に挑戦してみましょう!

 

Adobe Premiereで動画編集(1)ダウンロードしてみよう

VCMなどのプロの編集の現場でもたびたび使われることのあるソフトです。動画広告やホームページに設置するための動画を本格的に制作したい場合などにはピッタリのソフトです。

自分で撮影した動画をカットしたり繋いだりして、スーパーを入れたり、BGMや効果音などを入れたりする事が可能です。
Mac、Windows両方に対応しているので、ほとんどのコンピュータで利用できます。

Adobe PremiereとAdobe Creative Cloud


Adobe PremiereはAdobe Creative Cloudに含まれるソフトの1つです。
AdobeCC(クリエイティブクラウド)は月額費用でAdobe Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレータ)をはじめとする画像編集・動画編集ソフトのシリーズを全て使う事の出来るクラウド型サービスで、4,980円/月とリーズナブルなのですが、甘く見ることなかれ、これ一つでプロの環境がそろってしまうと行っても過言ではありません。

AdobeCreativeCloudの価格とメンバーシップはこちらからご覧いただけます。

 

AdobePremiaをダウンロード

Premiereだけを使いたいという場合は単体プラン2,180円/月というのもおすすめですが、まずは体験版で試してみましょう。
サインアップを済ませれば、すぐにダウンロードして1ヶ月無料体験できます。

次回からは実際にQuickMoviesで編集を担当しているYukoさんに具体的な使い方を解説していってもらいます!乞うご期待!

ホームページ用動画のコスパがいい理由


例えば一昔前であれば、営業マンが企業の商品説明動画を訪問先に持っていって、パソコンで見せたり、DVDにして配布したりというシーンがありました。実際、販促DVDの動画制作依頼も多くありました。

この方法自体は、今でも有効なのですが、コスパが格段に上がっているというお話です。
今やYouTubeが普及し、商品説明の動画をホームページに置いておくか、メールで動画URLをお客様に送るだけでOKです。

かくいう私も、前職の営業ではこのパターンでほんとに仕事が楽になりました。

DVDを送ってもなかなか見てくれなかったのですが、ホームページに動画を設置して、メールに動画のURLを張って送ると、担当者だけでなく、社内で回覧していただけるので、格段にスピードアップが測れます。

また、ネットショップ等でも、商品の詳細な紹介動画を置いておくことで、サイトの滞在時間を延ばすことができ、購入率のアップにつなげられます。

販促動画のコスト10年前との比較

DVDにプレスしたり配布したりするコストがなくなったので、動画による販促ツールのコストパフォーマンスは格段にアップしています。仕組みの説明が難しい商品やサービスを扱っている方に特におすすめです。

 

テレビに流さないCMが増えた理由

テレビに流さないCMが増えている?

2017年10月現在、テレビCMの制作現場から「テレビに流さない映像制作の依頼が増えた」という話を聞く機会が増えました。
その背景の一つにはテレビを見る人の数が減ったという事があると思います。

テレビを見る人は本当に減ったのか?

そこで、調べてみたところ20年前には45%を超える人がテレビに接していたのですが、2016年は41%に減少しています。
※「HUT」とはテレビの総世帯視聴率(Households Using Television、テレビをつけている世帯)を意味する言葉


【引用元:ガベージニュース

 

減った4%はどんな人?

これはあくまで予想ですが、最も大きな変化が起こったのは「家にテレビがない」と言っている層、おそらく10代後半~20代前半の層ではないかと予想されます。
平成27年の人口統計から16歳から22歳の人口の割合が約6.6%という事ですので、それまで若い視聴者層に人気があったフジテレビにとっては戦う条件が不利になってきているという見方もできるのではないでしょうか。。
そして、こうした若年層にリーチしたい業種はこぞってネット動画広告に力を入れているという事です。

 

動画広告に求められるメリット

例えば、テレビにCMを出すまでの予算が捻出できないとしても、WEB広告であれば、決められた予算の中で、動画広告を出稿することができます。

「お客様がだれか」「伝えるべきメッセージは何か」を決めれば、YouTubeやFacebookなどを通して必要としているお客様のスマホやパソコンに、メッセージを届ける事が可能な時代です。